教育と保育の特色 / カリキュラム

教育・保育理念

豊かな知性・人間性のある子どもたちを育みます。

  • 豊かな心
  • 元気
  • 優しさ

教育・保育目標

意欲を育てる

「愛される・かわいがられる」ことはもちろん、「面白い」「楽しい」「嬉しい」「なんだろう?」「やってみたい」など、プラスの刺激の中で育てることが重要だと考えます。

気づく力を引き出す

子どもに代わって問題解決しない

困難に向き合い、自ら解決する体験や環境づくりをすることで、問題を解決する力、乗り越える力を育みます。

結果ではなく過程を重視

失敗をたくさん経験することで、自分で考え判断する力が伸びていきます。「できた」「できない」「早い」「遅い」など、他者との比較や結果でとらえるのではなく、取り組む姿勢や過程を重視します。

一人ひとりのペースを大切に

1人ひとりの解決する力や取り組みの進行状況の違いを把握し、個人のペースを重視することで、じっくり取り組む姿勢を育みます。「おもしろい」「やりたい」を引き出し、自ら気づき次の課題に挑戦する「しくみ」づくりを行います。

自発性を引き出す

意欲や気力、集中力を持続させるためのことばかけを重視します。命令や指示ではなく、提案や依頼など子ども主体のことばをかけることで、自立心や自律心を育みます。

教育・保育方針

安全・安心な環境のもと、保護者・地域社会との交流や連携により、考える保育・繋げる保育・伝える保育を実践します。

  • 考える保育

    活動の目的や子ども目線を常に意識し、その達成のため、子ども一人ひとりの興味や達成等を観察し、日々の保育の振り返りの中で反映や改善を行う保育。

  • 繋がる保育

    日々の保育と行事の繋がり、1年を通しての繋がり、学年間の繋がりの他、子ども同士や先生・地域社会との繋がりを意識した連続性のある保育。

  • 伝える保育

    園の考え・活動を積極的に保護者や地域社会へ伝え共有することで、一体となって園児を見守りながら成長を促す保育。

カリキュラム

学校法人母体の特徴を活かし、教育と保育のメリハリある活動を行っています。通常の保育に加え、専任講師による活動も実施しています。

英語あそび

学園専属の外国人職員が終日滞在し、楽しい雰囲気の中、挨拶などの基本的な英会話、色・動物など簡単な単語から始め、初歩を身につけます。また、担任と外国人職員がチームを組んで(チームティーチング)保育を行っています。連携しながら子どもたち一人ひとりの理解を深めています。

タングラム

分割パズルの一種。正方形を分割した7種類のピースを使って指定された図形を作って遊びます。「あっわかった!」体験をたくさん行いながら、発想力や思考力を養います。

SIあそび

アメリカ南カリフォルニア大学のJ・Pギルフォード名誉教授の知能構造理論に基づいた教材を使用したあそびです。結果ではなく、「試行錯誤を重ねながら自分の力でやってみる・考える」経験を通して、自発性や思考力(集中思考・拡散思考)を伸ばします。

※集中思考:注意深く物を見る力やじっくり取り組む姿勢
拡散思考:柔軟な思考力

異文化交流プログラム/海外での取り組み

  • 異文化交流プログラム

    幌北学園グループでは、2012年のスタート以来、18か国 25名の方による異文化交流プログラムを行っています。さまざまな国の言語や風習、考え方などに触れる異文化交流の機会として、園児・職員はもちろん保護者にも大切な時間となっています。

  • 海外での取り組み

    幌北学園グループは、オーストラリア(シドニー/ゴールドコースト)の2園の保育園運営を通して、海外の優れた保育様式を取り入れ、姉妹園全体への反映と保育の改善を行っていきます。職員の研修先のほか、親子留学の受け入れ施設としての活用もしています。