5

やりたい保育を実行できる、男性保育士も活躍できる環境が整っています

主任保育士 石田 優貴 先生

1日の流れ

8:00
管理者早番シフト出勤
受け入れ玄関対応
10:00
クラス活動の様子を確認
全クラスの活動や園児の様子を確認
11:30
給食確認
メールチェック、報告業務
12:30
休憩
ホッと二息コーヒーブレイク
13:00
ミーティング
職員とミーティング
16:00
デスクワーク
保育書類のチェックや園長と打合せ
17:00
お迎え玄関対応
保護者のお迎えを玄関で笑顔で!
18:30
退勤
入職までの経緯は?

前職は幼稚園で勤務していました。園の事情で自分のやりたい保育が出来ず、転職を考えていた時、幌北学園のホームページを見て、この学園なら自分の思う保育ができるのではと思い、ここを選びました。

仕事の内容は?

週案、月案、行事の起案書などの保育書類の確認や指導を行っています。また、毎月の勤務シフトや各種報告書も作成して各部署へ報告をしています。主任として地域や保護者、職員の相談対応、姉妹園とのパイプラインとして関わりをもったり、園長のサポートをすることも大切な役割と考えています。

幌北学園で働く魅力は?

自分がやりたいと思った事が実行できる環境があること。研修制度がしっかりとしていて、スキルアップをしながら勤務できるところに魅力を感じています。また、姉妹園があることで協力しながら行事が進められたり、多くの先生方と交流することができます。自分の知らない知識を得たり、何よりお互いを意識して学園全体の保育の質を高められる環境で勤務ができるのは魅力です。

主任として
心がけていることは?

主任として学園の方針や園長の思いを汲み取り、職員に伝えるのが大切だと考えています。子どもたちがより良い保育環境で生き生きとした時間を過ごせるように考えています。自分より年上で経験のある職員も多い中ですが、一緒に問題点を考え、改善できるよう心がけています。また、業務の中で優先順位を考え、園を円滑にまわすことにより、職員の負担を減らし働きやすい職場づくりも心がけています。

やりがいを感じるときは?

職員と連携し園全体が一丸となって、運動会などの大きな行事を成功させられたとき、喜びややりがいを感じます。
園長補佐として実務に関わることで、経営側からの視点で仕事ができるのも自分のスキルアップにつながっていると実感しています。また、さまざまな職員と関わり意見を聞くことで保育について広い視野を持てるなど、保育士ではできない経験や勉強ができるという充実感があります。

保育士を目指している方へ
メッセージを!

年々、男性も増えてきている業種ではありますが、幌北学園では男性保育士も活躍できる環境が整っています。やる気と努力を惜しまなければ、自分の目指す夢が近づきます。姉妹園との交流や海外研修などを通して、保育士としてだけでなく、人として成長できると思います。
ぜひ一緒に働きませんか?