めざす教育・保育

夢や希望にあふれ こころ/あたま/からだ すべてに優れた
バランスある子どもに育てる

子どもたちの成長には、園でのさまざまな体験や経験だけではなく、それらを共有し分かちあう先生や子ども同士の日々の関わり合いが大事です。私たちは、日々の何気ない言葉がけや保育・環境設定においても “人と人とのつながりを大切にした保育”に取り組んでいます。「夢・愛・感動」に満ちた子どもたちの未来を、私たちと一緒に温かく見守り、支え合いながら育みませんか?

保育理念

考える保育・繋がる保育・伝える保育を通して、
子どもたちの笑顔と未来を育む

保護者と同じ立場、子どもたちと同じ目線で、考える・繋げる・伝える保育を大切にしています。子どもたちの興味の幅を広げ、感じる心や考える力を育みながら、共に感じ・学び・成長し続けます。

保育目標

子どもたちの主体性を育み、
生きる力を伸ばす

  • 個々の好奇心や興味を尊重し褒めることで、一人ひとりの個性や強みを伸ばします。
  • 新たなことに挑戦する積極性や勇気、それら成功体験による自信を促します。
  • グローバルに活躍できるコミュニケーション力や多様性を身につけます。
  • 礼儀正しく、他人を思いやれる子どもに育てます。

保育方針

安心・安全な環境のもと、保護者・地域社会とのつながりを大切に、「保育」・「環境」・「伝達」を通して、子どもたちの「こころ・あたま・からだ」をバランスよく育みます

日々の保育のほか、環境にも配慮し、子どもたちの興味・関心・探求の場を施設・職員一体で実現しています。
また、適宜・適切な伝達を通して、子どもの育ちや成長の瞬間を共有することで、保護者・地域社会と共に、子どもたちの学びや成長に広がりと奥行きを促しています。