1

子育てしながら働ける環境が魅力
自分の子どもを預けながら働けます

保育部 保育教諭 金野 いずみ 先生

1日の流れ

8:30
保育園部中番シフト出勤
9:30
クラス活動スタート
園児が全員揃い活動スタート
11:15
昼食準備&昼食
おいしい給食で昼食スタート
13:00
お昼寝
午後に向けての切り替え時間
13:30
休憩
ホッと一息、コーヒーブレイク♪
15:00
起床・おやつ
園児の起床とおやつ準備 スピード勝負!
17:00
引継ぎ
お迎えに来た保護者への伝言引継ぎ
17:30
退勤
入職までの経緯は?

入職当初は子どもが小学校低学年と年中クラスだったので、2人の子どもを育てながら家庭と仕事の両立ができるような環境を探していました。特に子どもの行事などに参加したくて、週休2日制の園を探していたところ、幌北学園を見つけ、気になって応募しました。

仕事の内容は?

保育園部の正職員として、0歳児のクラス担任をしています。0歳児は、朝のおやつ、昼食など毎日同じリズムで生活しています。天気の良い日には園庭に出たりお散歩をするなど戸外活動も行います。何をするにも“はじめて”の0歳児。だからこそ、日々の活動での気づきや発見は保護者の方にくまなくお伝えするようにしています。保育以外にも、園内で係りの活動があります。おもしろ係を担当した時は、懇親会など職員交流の場を盛り上げました。

幌北学園で働く魅力は?

子育てしながらも無理なく働けるところです。私も自分の子どもを同園に預けていた時期があります。おかげで、子どもの行事や体調に合わせて有休を使用できましたし、以前は他園に行くのに30分かかっていましたが、ここに来てからは通勤も子どもと一緒なので、子どもといる時間も会話も増えました。公私のオン・オフはもちろん必要ですが、園内での活動の様子を知れるなど、同じ場所にいられるのはとても魅力的です!

保育で心がけていることは?

大好きな保護者の方と離れる不安をできるだけ感じないよう“親目線”を大切にしています。抱っこして欲しい、甘えたいといった子どもの気持ちに応えることで、信頼関係を結べるようにと心がけています。抱っこするときも、親のような気持ちで、そして笑顔で過ごすようにしています。それは子どもたちに対してだけではなく、保護者の方にも、そして職員間でも同じ。笑顔はどんな言葉よりも気持ちが伝わると考えています。

やりがいを感じるときは?

子どもたちができなかったことが、日を追うごとにどんどんできるようになっていくのを見て、成長を感じる時です。パジャマへの着替え、靴下を履く、食事の際に自分で食べることができるなど、ささいな事ほど成長を実感できて、嬉しさややりがいを感じます。今は3人のお子さんを担当しているのですが、一人ひとりの成長をゆっくり見られる体制なので、よりやりがいを感じられています。

保育士を目指している方へ
メッセージを!

たくさんの子どもたちの成長を感じるられ、それを保護者とも分かち合うことができます。子どもたちの人生に大きく関われる、最高に幸せな仕事だと思います。職場は和気あいあいとしていますし、仕事と子育てを両立したいと考えている方にはぴったりだと思います。自分の子どもを園に預けながら、働いている職員は3名もいます♪