1

「子どもたちのための保育」を日々考え、学びながら成長していけます

幼稚部 保育教諭 松浦 由季 先生

1日の流れ

8:00
出勤
朝礼を行い1日のスタート
9:00
バス添乗
園児のお迎えでバス添乗
10:00
メイン活動
クラス活動で製作・体操・音楽・ダンス
12:00
給食
園児と一緒に昼食です
13:30
帰りの会
園児一人ひとりとハイタッチでさようなら!
16:00
ミーティング
1日のできごと報告や情報共有
16:15
翌日の準備
部屋の片づけ、翌日の準備万端!
17:00
退勤
変形労働制の為、退勤時間が18:00になることも
幌北学園に決めた理由は?

私は子どもの頃にさまざまな経験をすることで、興味の幅が広がり、また、新しいことに挑戦する気持ちも育っていくと考えています。この園で実習したときに、カリキュラムが充実しているこの園なら子どもがさまざまな経験をできると感じ、幌北学園で働きたいと思いました。

仕事の内容は?

クラス担任をしているため、日中はクラスの子どもとゲームや製作をしたり、カリキュラムの活動をしています。また、運動会や発表会などの行事が近づいてくると、子どもたちと一緒に練習をします。保育終了後は、子どもたちがあそびの中でさまざまなことを学んでいけるように環境設定をしたり、保育内容を考えています。日々、より良い保育ができるように先生方と意見を交換しています。

幌北学園で働く魅力は?

子どもたちのためにどうしたらいいのかを考えていこうとする先生方が多いので、たくさんある行事も一つずつしっかりと話し合いをし、前年度よりももっと良くしようと考えられる環境で仕事をしています。また、この学園は姉妹園も多いため、学園全体で保育内容の共有をすることで新しいヒントやアドバイスをもらい、自園のより良い保育に活かすことができます。この環境で働くことができ、自分自身も保育者として日々学び、成長していけると思い、ここで働くことに魅力を感じています。

保育で心がけていることは?

保育では何事も子どもと一緒に楽しむこと、そして常に学びの姿勢を持つことを意識しています。自分が楽しめないことは子どもも同じように楽しめません。どんな活動も、まずは保育者が楽しんでいる姿を子どもに見せることで興味を惹き、「やってみたい!」と思ってもらうことが大切だと思っています。そして、今の保育に満足するのではなく他の先生方はもちろん、目の前の子どもの姿から多くのことを学び、子ども一人ひとりと向き合いながら、いろいろな場面での保育の引き出しを作れるように心がけています。

やりがいを感じるときは?

大きな行事を終えたときにやりがいを感じます。運動会や発表会までの間は、準備や練習など大変なことも多く何度も投げ出したくなることもありますが、子どもたちが行事に向けて頑張る姿や楽しんで練習する姿を見るたびに、この子たちのために頑張ろう!と思えます。そして本番、子どもたちが毎日の練習の何倍も輝く笑顔を見せてくれたり、一生懸命頑張る姿を見たとき、「楽しかった!」と言ってくれたときに、子どもの成長を身近に感じられるこの仕事をしていて良かったと思います。

保育士を目指している方へ
メッセージを!

子どもと密に関わることで毎日子どもからパワーをもらい、新たな発見をして、自分のエネルギーに変えることができるこの職業を私は誇りに思います。また、子どものためを思って保育を考え、向上していく先生方がいるこの環境で働くことができ嬉しく思います。子どもの成長を見守り、支えていけるこの職場で日々やりがいを感じながら一緒に働きませんか?