NEWSお知らせ

【コラム】オーストラリアの姉妹園

近年、日本では幼児教育の重要性についてますます注目が高まってきていますが、海外ではすでに、「幼児時期の保育や教育の環境が子どもたちの将来に大きな影響を与える」ということは、当たり前の考えとなってきています。
幼児教育のレベル向上に力を入れる国が増えていますが、オーストラリアも熱心に取り組む国の1つ。世界で注目を集めるほど高いレベルを持つニュージーランドの幼児教育をいち早く取り入れ、改革したのがオーストラリアです。

製作活動の時間、おやつ・給食など、1日のスケジュールを時間できっちり決めてクラス全体で活動することが多い日本の保育に対して、オーストラリアでは、常に子どもの意思を尊重した子ども中心のプログラムとなっています。「集」ではなく、徹底的に「個」。
一人ひとりと向き合い、それぞれの興味や要求、学びを追求・展開していける環境を整えています。
また、月曜日から金曜日までの週5日登園する日本のスタイルと違い、保育料の高いオーストラリアでは、週2~3日登園するのが一般的です。

【オーストラリアの姉妹園】
幌北学園の姉妹園は、シドニーとゴールドコーストに各1園。
職員の相互研修先や親子留学の受け入れ施設としても活用している保育園です。
ホームページでも園名と写真を掲載していますが、このコラムでは園の特徴や園内の雰囲気などについてご紹介いたします。

●「Croydon Park Cottage」シドニー

閑静な住宅街にある「Croydon Park Cottage」。
近隣に大きな公園や緑地があり、子どもたちがのびのびと遊べる環境に恵まれた園です。
園内は少人数でとてもアットホームな雰囲気。白いキャンパスに絵の具を使ってお絵描きを楽しんだり、園庭にある砂場にキラキラ光る石を埋めて、お友だちと一緒に宝探しに夢中になったり・・。それぞれ興味を持ったもので遊びながら新しいあそびを見つけるといったように、家庭的で温かな雰囲気のなかで、ゆったりと、そしてじっくりと「あそび」を楽しむことができます。



●「BlueBerries Childcare」ゴールドコースト

海沿いの高層ホテル5階にある「BlueBerries Childcare」。
ビルの中にある施設とは思えないほど広々とした園舎には、カラフルなプレイグラウンドから続く砂場や、給食を作るオープンキッチン、解放感のある園庭が完備されています。オープンテラスの園庭には本物のジェットスキー、ソファが置かれたリビングスペースのような空間、それぞれの興味に応じたあそびができる環境設定など、「今日は何をして遊ぼうかな?」と子どもたちが毎日ワクワクするような造りになっています。

両園ともに、子どもたちが自分の意思であそびを選び、じっくりと取り組めるように、あそびのテーマによってエリアが分けられています。運動あそび、砂場ごっこあそび、ブロックあそび、クラフト・アートなど、多種多様。それぞれのエリアで完結するのではなく、そこから他のエリアへと繋がっていくことで、あそびがどんどん広がっていきます。

園では、こうした保育環境での「あそび」をとおして、知識やスキルだけではなく、コミュニケーション能力や探求心、学ぶ力を育み、また移民が多い国である特長を活かして、自国の文化はもちろん、他国の文化への興味や関心、理解・尊重する心を育てています。

子どもたちの可能性は無限大。
海外での保育園運営をとおして優れた保育を取り入れ、また日本の恵まれた教育環境や制度を存分に活用しながら、今後も子どもたちの可能性を伸ばす保育を目指していきます。

CONTACTお問い合わせ

当学園へのお問い合わせは、学園本部宛にメールまたはお電話にてお願いいたします。
(ご入園等については各園にお問い合わせください)

TEL 011-211-6840(受付時間 平日10:00-17:00)