NEWSお知らせ

【コラム】英語環境づくり

近年、子どもたちにとって、世界を身近に感じることが多くなってきました。国内だけでなく世界に目を向けることで、活躍できるフィールドはますます広がります。
幌北学園では、子どもたちの将来の可能性を広げるために、コミュニケーション能力や柔軟なグローバル感覚を育むことがとても大切だと考えています。

【幌北学園での英語環境づくり】

言語の習得には時間がかかります。母国語の習得も、赤ちゃんの頃からたくさん聞く・話す体験を積み重ねながら、少しずつ理解していきます。
同じように、英語も聞く体験をたくさんすることで、“英語に変換する”のではなく、英語を英語のまま理解し使う習慣が身についていきます。英語は「勉強する」より、生活習慣の延長線上で「身に着ける」ことが大切だと考えています。
学園では日々の保育の中で、「英語あそび」として聞く・話す機会を取り入れています。「英語あそび」の時間以外にも、学園専属の英語講師が保育に参加して登園時の「Good morning!」から降園時の「See you」まで1日を通して関わり、日常的に英語に触れる環境をつくっています。

※一部の園を除く

【もっと!を叶える-英語アフタースクール】

ふだんの「英語あそび」の時間に加えて、3歳児以降のお子さまを対象に、少人数制のアフタースクールを開講しています※。
オールイングリッシュの環境で、「聞く・話す」から、子どもたちの成長に合わせてステップアップしながら、「読む・書く」の力を育んでいきます。
ふだんから一緒に過ごしている英語講師が、いつもと同じ環境で行うレッスンなので、ストレスなく英語の学びを継続できるというメリットに加え、レッスン開始まで預かり保育を無料で利用できることも好評です。

※一部の園を除く

【異文化交流プログラム】

子どもたちや職員との異文化交流を目的として、外国人の先生が園に1~2か月滞在し、保育に参加しています。さまざまな国や地域のあそびや文化、英語以外の言語に触れる機会になり、自分たちが住む「日本」を意識することにも繋がっています。
今年度は、エジプトとイタリア出身の2名が札幌の各園をまわっています。
古代エジプトの衣装を作って着てみたり、おままごとでピザやジェラートを作ったりと、子どもたちも興味津々で楽しんでいます。
今後も交流を通して多様性を受け入れる広い視野や考え方(グローバル感覚)を育んでいきます。

■2012年から、たくさんの国や地域出身の先生と交流を行っています。
〈累計18か国25名〉
ドイツ、エクアドル、スペイン、カナダ、モンゴル、チェコ、タイ、ポーランド、インドネシア、ハンガリー、ジョージア、ベトナム、トルコ、チュニジア、リトアニア、エジプト、イタリア

CONTACTお問い合わせ

当学園へのお問い合わせは、学園本部宛にメールまたはお電話にてお願いいたします。
(ご入園等については各園にお問い合わせください)

TEL 011-211-6840(受付時間 平日10:00-17:00)