認定こども園こうほくからのお知らせ

2018年10月25日 食育~ドキドキの鮭解体!~


今年の年長組は食育で「鮭」と「じゃがいも」をテーマに学んできました。

夏のお泊まり会では鮭が有名な千歳水族館へ。
その日に向け、鮭について自分で調べたり考えたりして、
知識をどんどん増やしていきました。。

今回は、命の大切さを知ってほしいという思いから、
キッチンの先生に鮭を解体してもらいました!
DSC06058.JPGのサムネール画像










スーパーなどでは、一匹丸ごと売っている姿はなかなか見られないため、
目の前に鮭に少し驚いた様子の子ども達。
DSC06059.JPGのサムネール画像









最初に、これからどんな風に鮭をさばいていくのかを、図を使って勉強しました。

実際に鮭のお腹に包丁を入れると、その光景に圧倒され、
中から心臓や、内臓が取り出されたときには
「かわいそう」「怖い」と言う声も・・・。

ですが、中から大量の卵が出てくると
「わぁ~!!!いくらだ~!」と歓声をあげて大喜びでした!
DSC06062.JPGのサムネール画像










キッチンの先生がどんどん鮭をさばき、骨や身がおろされていくと
「サーモンだ!」と見たことのある魚の形になっていく様子に喜ぶ子どもたち!
より近くで見ると「すごーい!」と感動の声が聞こえました。
DSC06070.JPGのサムネール画像
DSC06077.JPGのサムネール画像










さばいた鮭はキッチンで鮭フレークに調理してもらい、
昼食時にご飯にかけていただきました。
「おいしい!」と鮭フレークの味にも大満足!

普段は見ることのできない鮭の解体を見て、
命の大切さを感じられたようでした。

今後も命をいただくことのありがたみや、嬉しさを知りながら
どんどん食べて大きくなろうね!


担当:ばら組担任 田原

このページのトップへ

このページのトップへ